お金借りる 学生

学生でもお金を借りることができます

学生でも、20歳以上で、アルバイトをしていて安定した収入があれば、誰でもお金を借りることができる可能性があります。

 

逆に、19歳以下または安定した収入がない場合はお金を借りることができません。

 

お金を借りるとき、契約をするのですが、この契約が20歳以上または結婚をしていて社会的な責任のある方のみになります。そのため、基本は20歳以上の方になります。また、お金を借りる場合は、返済できることが条件になります。そのため、収入がない場合はお金を借りることができません。

 

なので、20歳以上の学生で、アルバイトをしていれば、誰でもお金を借りられる可能性があります。

 

学生でお金を借りるときの注意点は?

上記のように、20歳以上で安定した収入があればお金を借りることができるので、学生も社会人も同じ条件でお金を借りることができるため、学生だから気を付けないといけない点はありません。そのため、社会人と同じように下記の点を注意するといいでしょう。

 

利息

お金を借りる場合、どこからお金を借りても、基本的には利息を払う必要があります。金利の上限は決められておりますが、上限を超えた金利の会社もあるようなので、有名な銀行系のグループ会社など、社会的に安心な会社からお金を借りたほうがいいでしょう。

 

また、初めてお金を借りる場合は、それぞれの業者で定めている金利の上限が適用されます。また、借りる金額が多いほど、金利は下がりますが、学生の場合は、それほど大きな金額は借りることができないため。低金利でお金を借りることは難しいです。そのため、すぐに返せる金額だけ借りるといいでしょう。

 

バレずにお金を借りるには

お金を借りる場合、郵送または電話によって、お金を借りていることがばれることが多いようです。
※詳細は、バレずにお金を借りるを参考にしてください

 

カードや契約書が郵送される場合があります。お金を借りる業者や契約方法によって、郵送物がない場合、郵送物がある場合があります。家族と一緒に住んでいて、親を含む家族にバレずに借りたい場合は、郵送なしにできるか、確認してから申し込みをしましょう。

 

働いていることを確認するため、アルバイト先に電話がある場合があります。多くの業者では、この在籍確認と呼ばれる電話確認がありますが、電話確認なしにできる業者もありますので、電話なしにできるか、確認してから申し込みをするといいでしょう。

 

郵送なし、電話なしでお金を借りることができても、期日までに返済をしないと郵送などによる連絡がある場合もあります。そのため、返済が遅れる場合は、事前に連絡をして郵送などの連絡がこないよう対応したほうがいいでしょう。

 

学生専用のカードローン会社はどう?

学生専用のカードローン会社がありますが、上記に記載したように、お金を借りる条件は学生も社会人も同じです。そのため、お金を貸すほうとしては、学生も社会人も同じ扱いになります。

 

そのため、基本的には、学生専用のカードローン会社より、一般のカードローン会社のほうが安心でしょう。それは、学生だから知識がないだろうと、金利を高く設定している業者もあるかもしれません。業者にとって、学生だから優遇する理由はないため、一見、優遇されているような条件でも、実は割高になっている可能性があります。そのため、しっかり契約内容を判断できれば、学生専用のカードローン会社でも、一般のカードローン会社でもいいと思いますが、わからない場合は、安心できる銀行系のグループ会社が運営している会社からお金を借りたほうがいいでしょう。
※プロミス、アコム、モビットは、三井住友系、三菱UFJ系のグループ会社が運営しています

初めて、今すぐお金を借りたい方におススメ