お金借りる 安心

安心してお金借りる。業者はどこで判断すればいい?

初めてお金を借りる場合、安心してお金を借りられるところがいいですよね。

 

金利の上限

借入金額10万円未満        :20%
借入金額10万円〜100万円未満   :18%
借入金額100万円以上       :15%

 

お金を借りる場合、必ず確認してほしいのが、金利の確認です。上記の金利の上限を超えている場合は、違法業者になりますので、お金を借りてはいけません。

 

基本的に、イメージがいい業者=安心してお金を借りられる業者と考えていいでしょう。例えば、プロミス、アコムなどはCMで知っている方もいると思いますが、CMなどで多くの人に知ってもらうことは、イメージアップにつながりますね。
※CMをするにはテレビ局の審査が必要なので、安心できる会社のみCM放送ができます

 

消費者金融という言葉を聞くと、不安に感じる方もいると思いますが、プロミス、アコム、モビットは三井住友グループ、三菱UFJグループの会社が運営しています。最近、銀行が消費者金融を傘下に収め、事業経営しているんですね。

 

そのため、すべての消費者金融ではありませんが、銀行グループが消費者金融を傘下にしている業者もあり、プロミス、アコム、モビットなどは安心できる業者です。

 

銀行でもカードローンによってお金を貸しているので、なんで、同じグループなのに、お金を貸している会社が複数あるのかというと、銀行と消費者金融では、適用される法律、貸金業法と銀行法が異なります。

 

そのため、銀行は、適用される法律が異なる消費者金融を傘下にして、幅広く貸金事業をしています。

 

貸金業法と銀行法の違い

総量規制

貸金業法と銀行法の大きな違いは、総量規制があるかどうかで、貸金業者には総量規制が適用されています。総量規制は、「消費者保護」の目的で施行され、利用者の借入残高が年収の3分の1を超える場合に、新規の借入をすることができないというものです。

 

そのため、貸金業者からお金を借りる場合は、安定した収入が必要になりますので、専業主婦の方は、銀行法の業者からしかお金を借りることはできません。

 

また、総量規制は、消費者保護のための規制のため、銀行では適用されないのですが、自主規制している銀行もあります。

 

そのほか、銀行からお金を借りる場合は、反社会的勢力か確認が必要なため、即日融資ができなくなりました

 

ちなみに、多くのクレジットカード会社も消費者金融と同じく貸金業者になっていますので、消費者金融という言葉よりも、法律を守ってお金を貸してくれるかどうかを判断したほうがいいでしょう。

初めて、今すぐお金を借りたい方におススメ